就活!内定をもらえない人の4つの特徴

就活!内定がもらえない原因

 

就活で内定をもらえない代表的な4つの原因を紹介します。

 

 

〈 目次 〉クリックすると “ 読みたいところ ” から読むことができます ⇓

内定をもらえない原因 ①&②

何故、企業は、新卒の求人を出すのか? を理解していない

エントリーシートや面接試験は、「 自分を企業に売り込む場 」だと理解していない

 

企業は、企業の都合で人を採用します。企業が、やりたいことを実現するため、必要な人材を確保するために行うのが採用です。

 

よって、企業が進もうとしている方向性や、どんなことをしてくれる人を欲しがっているのか?を見極めて( HPや、会社案内、会社説明会で確認しても分からなかったり、感じ取れなければ、絶対に質問して解決して下さい。 )、下さい。

 

就職試験で「 その実現のために私は、役に立つ人間です 」と、しっかりアピールして下さい。長所や短所、学生時代のエピソード等、面接でよくされる質問は、そのようにアピールする際に、援護射撃となるように回答していくことが重要です。

 

 

上記を無視して、履歴書・面接試験で、純粋に自分は、こんな人間です。私は、こういうエピソードがあります・・・。と、自己紹介しているだけでは、企業に自分を売り込むことはできません

売り込まず「 自然に選ばれる 」のを待つより、「企業をしっかり調べて、自ら売り込む!」ことが重要です。

 

 

内定をもらえない原因③


1本釣りの感覚で企業にアタックしているか?!

 

面接官をしていた時、明らかに「 コイツ、全然HPや、資料を読み込んでないな 」という学生が結構いました書類も「 少しずつ書き直して、多くの会社で使いまわしているんだろうな 」と、バレバレの学生もいました

 

学生の本心として「 内定をもらえる確率を上げたい 」ので、てっとり早く大量エントリーして、1つの企業の受験準備にあまり時間をかけず、バーッと投網を投げる “漁” のような方法をとりたくなる気持ちも分かりますが、内定をもらうための基本は、あくまで「 一本釣り 」です。就活は、漁じゃなくて「 一本釣りをたくさん行う 」ことが必要です。

一本釣り 

 

採用する企業側の本心は「 自分の会社に絞って、第一希望で受験して欲しい 」ですから、手間は、かかりますが、受験する企業についてしっかり調べ、充分に理解したうえで、就職試験に臨んでください。

 

 

内定をもらえない原因④


受験企業の“特定業務”のみに、興味が偏っていないか?

 

99%の企業には、複数の部署・セクションがあります。開発、企画、営業、総務・・・色々な角度から事業に関わっています。扱う企画や商品の異なる事業部も、存在します。

 

なので、「 あなたが、この企業に入って〇〇に関わりたい!」そう強く志すことは、悪くありません。むしろ、しっかりした志望動機と言えるでしょう。

 

しかし、「 企業が、やりたいことを実現するため、必要な人材を確保するために行うのが採用 」ですから、企業サイドが「 〇〇の部署で、活躍してほしいから採用している 」時に、あなたが強いこだわりで「 御社に入って〇〇の部署で〇〇な仕事をしたいです!」と、あまりに限定的に強い志望動機を話してしまうと、いくらあなたが優秀でも内定はでません

 

むしろ、御社の〇〇の事業に〇〇の形で関わりたいと、希望していますが、採用頂ければ、どのような形でも、御社で活躍して、〇〇に貢献したい!」くらい幅のある考えで挑む方が、企業側にとっても都合のよい受験者になるため、内定をもらえる確率は、上がるでしょう。

 

 

この4つの原因を知っておけば、就活の幅は、確実に広がるはずです。

それでは、よい就活、就職を! 応援しています。

rp_UP-1024x319.png

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
書類選考で「不採用」通知が来たらどうするか 面談で20回呼ばれてダメだった例もある
経歴を「盛って」の就活、どこからがアウトか 見栄を張りたくなるのは当然だが・・・
就活「グループ・ディスカッション」の攻略法 司会進行役がやっぱりプラス評価なのか?
有名大教授が見た「内定が取れた子、取れない子」
人事部が、のどから手が出るほど欲しい学生

 

就活!内定がもらえない原因

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です