就活生へのメッセージ「惑わされない たくましさ」

惑わされてない?就活に必要なたくましさとは

 

就活中の学生の方は、就活を機会に、惑わされない生き方を身に付けては、いかがでしょうか?

 

学生の就職に関するNEWSを見てると

  • 企業の選考解禁が、6月に早まった影響が云々・・・
  • 企業研究や、会社選びの時間が、確保できなかったと感じる学生も多く云々・・・
  • 選考解禁が早まって「暑い夏に就活をしなくて済んだ」云々・・・
  • 実際は、6月より早く面接などをする企業も多く云々・・・
  • 選考解禁を2017年卒から6月、2018年も、6月から云々・・・
  • 内々定後に他社への就活をやめるよう強要される「オワハラ」が云々・・・

 

等々ありますが、こんなの、それほど気にする必要ありません。「へぇ・・・、そうなんやぁ。」程度で充分。

 

学校のキャリアセンター( 就職課 )に行って、「 いつまでに何しなきゃいけないのか? 」だけ、確認しておけばOKです。

 

 

〈 目次 〉クリックすると “ 読みたいところ ” から読むことができます ⇓

就活生にとってすごく重要な話

どこの企業だって、優秀な人材が欲しい。 
他企業でなく、自分の会社に入って欲しい、そう思っています。

 

大手企業は、「学生の採用活動は、いつからにしようね。」と、大企業同士で取り決めて、互いにしっかり牽制し、フライングで優秀な学生の獲得に乗り出す企業が出ないよう調整しています。

 

しかし、中小企業の多くは、大手企業の集まりで決めた“ 法律ではない決め事 ”なんて無視し、ドンドン前倒しで採用活動をします。そうしないと生き残れないからです。

 

学生側も、中小企業から内定や、内々定をもらっても、アトから選考がはじまった大手企業や並行して受験していた、より希望に合った企業から内定が出ると、キャンセル(内定辞退)して、他の企業にいってしまう。

なので、多くの企業が「 内定を出したら、辞退しないで絶対ウチに来てね!」と、色んな手を使って、逃がさないようにする。当たり前ですよね。

 

 

どの会社も、イイ人に入社してほしい

更に簡単に言うと、どの会社も、いい人に来てほしい。よそじゃなく、自分のトコに来てほしい。決まりなんて、作っても、法的拘束力がなければ、守らない者も多く出て当たり前。

 

企業側は、手に入りかけた優秀な可能性の強い人材は、簡単に逃がしたくない。

 

学生も人生がかかってるから、よりよい条件の会社を求め去っていく

 

ということです。

 

 

よく偉い人が、「 就活の期間が長引くと、学業に専念できなくなる 」とか言ってますが、そんなの気にせず、学生本人は、さっさと自分が入りたい企業を探して、しっかり調べて、受験して、合格するように頑張ればいいと思います。

 

ちょっとした世の中の流れなんて、ゴチャゴチャ言ってないでサッサとウマく波を乗りこなして就職くらいサッサとしてしまおう!くらいの強気でいてください。それくらいじゃないと、入社した後に待っている、想像もつかない荒波についていけなくなります。

サーフィンするビジネスマン

 

人生には、正しいか正しくないか? 考える前に、状況に合わせて、上手く立ち回って目的とするモノを手に入れることを最優先しなきゃいけない時期があります

 

就活なんてまさにソレです。

 

僕は、学生の就活相談で、そう伝えてましたが、ある大学のアホなキャリアセンター職員は、先に書いたような世の中の流れを、得意げに学生に語って、余計な不安を与えてました。ホントにイタい大人です。

 

 

また、よく問題になる教育実習。
これも該当する学生は、時期を早くから把握し、自身の就活において「 できること 」「 できないこと 」を最初から把握しておく必要があります。

 

 

就活に限らず、世の中では色んなことが起きる

メディアは、「 ほら!こんな現実があって大変だ! 」「 こんなことしてる会社があるぞ!ブラックだ!」みたいに書きますが、そんなものに踊らされちゃダメです。

 

「 こんないい会社があるよ!」とか「 派手さは無いけど、いい会社だよ。」なんて、優しいNEWSが全然なくて、ネガティブなNEWSの方が多いのは、読者を多く集めるためと、メディアの力で “ 良くない事を抑止する ”ため? です。

 

だから、時に見る人を、不安にさせてしまうこともあるのです。

 

 

就活は余計な情報に惑わされず、「 知らなくて損した 」なんてことがないように「 いつまでに何をしなきゃ、自分が困るのか?」だけハッキリ把握して、「 自分の卒業年に、入りたい会社に入ること 」を第一に考えて下さい。

 

気づかないうちにメディアに踊らされて、惑わされるなんてアホ臭いし、余計な心配しなくて大丈夫です。

 

 

就活は、余計な情報に惑わされず “ 自分の目的をストレートに追及する ” たくましさを身に付けるいい機会です。

ぜひ、この機にグーンっと、成長してしまって下さい。応援しています。

rp_UP-1024x319.png

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
「勘違い就活」は人事の印象を悪くするだけだ なるほど連発、資格オタク、業界不勉強・・・
デキない男の「就活必勝法」が学生をまどわす 「強み」を語らせるのはあまりに時代遅れだ!
就活は何よりも「スタートダッシュ」が大切だ 説明会や内定出しも、昨年より前倒しが進む
“「やりたいことを仕事にしなさい」は大間違い!?” 20代を襲う「やりたいこと症候群」の悲劇!
最初の就職先で本当に人生は決まっちゃうの? 就活生に伝えたい「未来は創れる」というメッセージ

 

惑わされてない?就活に必要なたくましさとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です