就活生ができていない就活の基本5ポイント

就活!本当の最低基準

 

10年近く面接官を務め、新卒、中途社員、パート、アルバイト問わず、毎年のべ100人以上選考していると

  • 何 準備しとんねん、周りの大人もちゃんと教えたれや・・・。
  • ちょっと頭使って準備して来いよ・・・。そんなんで合格なんてする訳ないやん・・・。

 

思いたくなくても、そう思ってしまう受験者がたくさんいました。

 

 

会社側からすると

「 内定を出す= 給料を払って自分の会社で雇う人間を決める 」

ことなので、面接試験で基礎の基礎すらできてない人は、いくらポテンシャル( 潜在能力 )が高くても、危なっかしくて内定なんて絶対に出しません。

 

 

大企業のように人がたくさんいれば、「 ユニークだったり、光るものが一つあれば、基本なんて全然ダメでも採用して、長所を伸ばす 」こともあるかもしれませんが、余剰人員を置けない、毎日がサバイバルの中小企業に、そんな余裕はありません

 

 

新卒就活の基本中の基本 5選

you-can-stand-out

次に就活の基礎の基礎5項目を紹介します。

“ 当たり前のこと ”ができるって、ナカナカ凄いことなんですよ。

 

 

履歴書等の応募書類は、丁寧に書いているか?

手書きの場合、字が下手なのは仕方ないが、雑で汚くないか?日付や内容に間違いはないか?他の会社との使いまわしがバレると印象は最悪。

 

受付で、感じよくできるか?

受付担当に横柄な態度で臨む学生は、意外に多い。特に男性は注意。

 

身だしなみに清潔感があるか?

鼻毛・目やに・ネグセ・髪の毛がボサボサ・シャツにアイロン・靴はキレイか・口臭は無いか・スーツにシワや汚れは無いか・バッグに汚れは無いか・タバコ臭くないか・爪をキレイに切っているか・・・等は最低基準

 

極端に緊張して、しどろもどろになっていないか?

練習を重ねれば、ある程度、緊張は緩和され、大抵それなりに話せるようになります。

 

質問にズレた回答をしていないか?

自分の用意してきたことを喋りたくて、質問の回答になっていないのに、無理やりソレを話す就活生は、ケッコウ多い。

 

 

この5項目は、新卒就活の基本中の基本です。

採用担当者の方も、この辺りを 「 選考の基準のボーダーライン 」にしては、いかがでしょうか?就活や就職に臨む学生の “ 社会常識レベル ” と “ 本気度 ”を見極める材料になります。

 

それでは、頑張って、良い就活、良い就職を!

グッドラックロゴ1.26解像度UP

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
人柄を感じる「魂のエントリーシート」とは?テクニックより「自分らしさ」をわかりやすく
学生が選ぶべきはトヨタ?三菱東京UFJ?就活生も「転職人気ランキング」に注目しよう
「社員を使い捨てにする会社」の見分け方 内定をすぐ出す初任給の高い会社は要注意
一般企業の新卒採用面接官645人に聞く「男子就活生の髪型調査」 面接時におすすめの就活髪型とは?
「無理の壁」を超えて、「産める就活」をしよう

 

就活!本当の最低基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です