就活!選考開始前に見られる3つの採用基準

会社説明会ですでに評価されているってホント?!

 

多くの企業、特に中小企業では、会社説明会の段階で学生を「 評価 」の目で見ています。

 

大企業と異なり、中小企業は、会社説明会に参加する学生数が、それほど多くありません。なので、企業サイドも良い人材を確保しようと、正式な選考前の会社説明会の段階から、学生をしっかり観察し、吟味していると思って間違いないでしょう。

 

逆に、それをしない企業は、良質な人材獲得が難しい現状において、呑気で楽天的だと言えます。採用モチベーションの高い企業は、良い学生を早期に発見し 「 会社説明会の際、隙間の時間で個別に少し話をしてみる 」くらいの積極的アプローチをかけて当然です。

 

 

では、正式な選考前の会社説明会の段階で、企業は、参加学生のどんなところに注目しているのでしょうか。

 

 

選考前段階で企業は学生のこんなところを見ている

虫眼鏡でこちらを見ている

1.受付での対応

僕は、採用責任者だった頃、受付担当のスタッフには、必ず学生の印象をメモで報告してもらっていました。

 

そのメモに「 無愛想だった 」「 こちらから挨拶しても、ボソボソっとしか返さない 」「 少し遅れて到着したのに、スイマセンの一言もない 」 「 会社の前でネクタイを締めていた 」 等と書かれていたら、いくら取り繕っても、その人物の 「 本当の姿 」 「 人間性 」「 本気度 」が見えます

 

受付の若手社員には横柄で、説明会本番で接する社員にヘコヘコする安い人間性が、学生時代に染みついているような人は、入社後いくら教育してもナカナカ根本は、変わらないと判断されます。

 

 

2.説明会を聴く姿勢・態度

足を組んだり、肘をついて説明を聴いている、こんな参加者にも受験して欲しいと思うのは「 誰でもいいから人数が欲しいんだ。 」という会社以外にありません。

 

他に参加者がたくさんいるから「 目立たないだろう 」 とか 「 今は、ただの見学で、受けるかどうか決まっていないからリラックスしていて平気だ 」そういう油断は、危険です。

 

例え、あまり興味の無い会社説明会に何となく参加していたとしても、大事な時間を使って参加した会社説明会なんだから、真剣に受講し、例え受験しないまでも参考になるビジネスの話が聞けたり、他企業との比較材料を得ることもできるので、真剣に臨みましょう。

 

 

3.質疑応答の内容

質疑応答時間は、会社説明会の最後、または終わりの方にあります。なので、「 さっきの説明聞いてた??」みたいな質問は、よくないです。どうしても説明や、説明映像にあった内容と重複する質問をして、詳しく確認したい場合は、“ 質問をはじめる際 ”にその旨を伝えれば、好印象です。

 

物凄く丁寧で、完璧な敬語が使える必要はありませんが、感じの良い表情と、話し方は意識すべきです。

 

まれに、記者会見で事件を起こした企業を糾弾するかのような語調で質問する学生がいますが、絶対にやめた方がいいです。そんなことをしても誰も幸せになりません。

 

 

その他のポイント

  • 良い印象は、かなり良くないと記憶に残らず、悪い印象は、わずかでも強く残る
  • 明らかに重要なことを説明しているにもかかわらず、メモをとらない学生は、「 最初から興味がないんだな 」 もしくは 「 ドコが大事なのか分からないんだな 」と、判断される
  • 参加者50名くらいまでなら、企業側は参加学生をある程度 記憶に残せます

 

 

就活中のみなさん、ぜひ参考にしてみて下さい。
良い就活、就職を!応援しています。

rp_UP-1024x319.png

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
「勘違い就活」は人事の印象を悪くするだけだ なるほど連発、資格オタク、業界不勉強・・・
採用者の印象を悪くする、6つの「NG」態度 居眠り、スマホいじり、過剰アピールはアウト
「女性の働きやすさ」に関して、就活中の女子学生が質問しなくなっている
“新しい仕組み”で「本音」がこぼれる会社説明会に挑戦!?「絶対に本音で話さざるを得ない説明会」開催決定
なぜ証明写真だけで1次面接に進める確率が3倍違うのか?

 

会社説明会ですでに評価されているってホント?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です