部下を叱ることを避けて通れないタイミングがあります

あなたは部下を叱れますか?

 

人は誰しも、多かれ少なかれミスをします。それは、新入社員も、社長も同じです。ですが、上司や経営者は、部下のミスについて、時にキチンと叱らなければなりません。

小さなミスの場合、「 これくらいなら・・・ 」と軽く考える部下や、「 イチイチこんな小さなことで叱ると、部下から嫌われてしまう・・・ 」と考え、何の指摘もしない上司もいます。

 

これでは、理想的な職場をつくることはできません。部下・上司双方とも、重大なミスを犯しています。

 

 

部下を叱るなら、小さなミスの方が良い

小さなミスは、部下・上司の双方が、「 これくらいなら・・・ 」と軽く考えがちです。

 

しかし、大抵の場合、大きなミスは、事が起きる前に、複数の小さなミスや不具合が積み重なって、その相乗効果の結果として、起こるべくして起こります

 

しかも、複雑な事情も絡み合っているので、責任の所在が明確でなかったり、叱るにしても項目が多く、時間がかかるのと、何より大きなミスの場合は、叱る云々より、解決と事後ケアに時間をかける必要があるので、叱って育てる材料にすることに、あまり適しません。

 

 

小さなミスであれば、内容も複雑でなく、少し気を付けたり、多少の修正を加えるだけで、再発が防げることも多く、叱られた部下も、指摘内容がシンプルなので、受け止めやすく、叱ったり注意して、育てる材料に適しています。


ミスが小さいと、それによる不具合やトラブルの規模も小さく、きちっと叱れば、必要以上に厳しくする必要もないため、上司・部下とも大きくすり減ったりしないですみます。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

ほめて育てれば、ミスはなくなる なんてウソ

ほめて育てる手法もありますが、使い分けが大切。ミスした場合は、ほめてる場合じゃありません。

 

大きなミスに繋がる前に、上司は目ざとくミスを発見し、速やかに、極力現行犯、もしくはそれに近いタイミングで、ミス内容を明確に指摘するとともに、今後の具体的対応策の指示をして、再発防止につなげる・・・。

 

このように計画立てた構成で叱らなければなりません

 

なかには、細かく指摘されることに対して、「 小さなことは、言われなくても分かってますよ 」と、素直に受け止めない者もいますが、上司は、そこでひるんではなりません。ミスが許容範囲まで減るまで、常に目を光らせ、適宜指摘を繰り返さなければなりません

 

ミスは、時が経っても自然には、なくなりません

 

褒めることは確かに重要です。しかし、小さなミスや怠慢を放置して、良いところを見つけて褒めてばかりいると、仕事の質も、こなす量も低下し、部下が育たないどころか、組織の生産性がDOWNしてしまいます。

 

 

部下を叱ると嫌われる?

叱ることは、必要ですが「 叱ることで部下から嫌われるんじゃないか・・・ 」人知れず悩む上司はたくさんいます。

 

気持ちは、よく分かりますし、パートナーとして働いてもらう部下やスタッフに嫌われてしまっては、元も子もありません。

 

そんな不安は、以下の4つの行いで解消できます。

  • 叱る時は、現行犯か、もしくは、それに近いタイミングで
  • 叱る時は、ダメな部分を明確に指摘し、何故ダメなのか理由を話す、そのうえで事後の対策を指示する
  • 部下が同じことをした場合、叱る時と叱らない時を作らない(気まぐれな印象を作らない)
  • 叱っている時以外は、明るく穏やかな人格を自己演出して、部下と接しておく

 

叱るという行為に効果を期待するなら、対象となる部下と、上司であるあなたとの間に、信頼関係が必要です。

 

日常の上司・部下のコミュニケーションにおいて、信頼関係が構築できていない状態で、厳しく叱ってしまうと、対象となる部下との間に、無駄な感情の溝ができてしまいます。

日頃から、部下との信頼関係を構築し、キチンと叱ってもOKな下準備をしておいてください。

 

理想の上司を目指して、一緒に頑張りましょう。

グッドラックロゴ1.26解像度UP

 

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
上司として成功する人は、考え方・習慣が違う
上司と部下の理想的な関係 ~最初だけは、反発の痛みを覚悟して!~

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
見違えるように働き出す叱り方の極意
パワハラで訴えられない「叱り方」のコツ
部下のミスを叱責。一人前に育てる効果的な叱り方
頼られるリーダーは「9割冷酷、1割優しい」 知っておきたい「叱り方」と「褒め方」
松下幸之助は叱られる側の心情も考えていた 心の重さ、気まずさは叱った側も感じている

 

あなたは部下を叱れますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です