求心力のある人は “のんきでほんわか”

まずは、覚えてもらうこと

 

お風呂ラスト30秒で、冷水シャワーを浴びてみてください。1か月で体調が、メチャクチャよくなります。 ※個人差はあります。

 

 

健康のためだけに冷水を浴びてたら もったいない

コレを毎日続けてたら、メチャクチャ寒がりで、いつも足先が冷たかった冷え症の僕が、いつの間にか、寒さに強くなっていました。

 

ちなみに3年くらい続けてるのですが、古くからの友人に「 明らかに寒がりがマシになってる・・・。 」と、驚かれています。

 

シャワーの温度を下げ、体に水をかける瞬間の「 勇気 」と、30秒間冷水を止めない「 我慢 」を乗り越えて、最後に身体をふいて服を着ると、体が凄く活性化しているのを感じます。その後、布団に飛び込むとメチャクチャ幸せです(笑)。

 

そんなワケで僕は、毎年 寒い季節になると「 勇気と我慢があれば、体質すら変わるで・・・!!」と、ビジネスや人の成長にからめ、アッチコッチで “ お風呂で冷水を浴びる話 ” を人に話しまくってます。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

人の記憶に残ることを意識する

僕は、人気と求心力があれば人生は必ず好転するし、ビジネスだってプライベートだってウマくいくと、信じています。そして実体験もしています。

その、求心力や人気を高める第一歩は、「 人の記憶に残ること 」「 覚えてもらうこと 」だと思います。

 

 

ちょっと間抜けで親しみやすい印象を大切にする

サラリーマンだった頃、あっちでこっちでお客さんに “ お風呂のラスト30秒で冷水シャワーを浴びる ”  話をしまくっていたら、たびたび 「 まだ冷水浴びてるの? 」 と声をかけてもらい、シビアな仕事の話の前に、ふんわりノンキな雑談を挟めて、雰囲気が良くなる・・・そんなことが、よくありました。

和やかな商談

そして何より、人からよく覚えてもらえました

 

 

ポイント

① 人気と求心力を手にする第一歩は、相手の記憶に残ること

まずは、相手に覚えてもらうことが大切です。すべては、ここからです。

 

② てっとり早く記憶に残る方法は「 誰もが頻繁に経験するできごと 」 かつ 特徴的なエピソードを繰り返し話すこと

お風呂は誰でも毎日入るし、冬に冷たい水なんて、いかにも寒そう!と、誰もが無意識にインパクトある想像力を働かせてくれるので、記憶に残り易い。
ちなみに僕は、20代の頃 「 毎日必ず、夕食にお米を二合食べる!」 という食いしん坊ネタも持っていて「 南尾さん、細いのにメチャクチャ食べるらしいよ。」と、多くの人に記憶してもらってました。

 

③ 記憶に残すためのネタは「 相手より優れた素晴らしいネタ 」 より 「 どこか間抜けで呑気なネタ 」の方が、幅広い人気を生みます

僕なんて、メシいっぱい食って、冷水浴びてる男ですよ(笑)。のんき100%です。

 

 

あなたも、聴いていてホンワカするような、少しのんきなエピソードとともに、自身を売り込んでみて下さい。気づけば、少しずつ人気と求心力を手にしているはずです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

rp_UP-1024x319.png

 

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
やっぱり嫌われない方がいい!
「 人気と求心力 」で成功できる

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
「間抜け」が究極ビジネススキルといえるワケ 仲間に可愛がられる人には共通点がある
嫌われる仕事「営業」を人気にする2つの視点 慢性的な長時間労働は変える余地がある
文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点 メール、資料、企画書…あなたは大丈夫?
稼げない男が軽視する「服が与える第一印象」 無難な見た目ではその他大勢で終わるだけだ
意識高い系はどうしたら「本物」になるのか 「口だけ」から「行動」の人に変わるとき

 

まずは、覚えてもらうこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です