部下に好かれる 仕事のできる上司・部下に嫌われる 仕事のできない上司

私が流れを止めてる??

 

上司としての仕事がうまくいかない原因の1つに

「 あなた自身が、チームの仕事の流れを止めてしまっている 」

というものがあります。

 

仕事がウマくいかない原因は、“ 仕事を止める ” 上司のせい?

あなたがSTOPさせてない?

 

上司といっても、日本の上司の多くは、プレイングマネージャーです。

プレイヤーとしての自分の仕事で、忙しいのは分かります。

 

しかし、あなたが、プレイヤーとしての仕事に重きを置きすぎ、マネジメントや管理の仕事をおろそかにすると、部下から提出された書類や、さまざまなデータ等、部下からあなたに流れてきた仕事は、あなたの手元でストップしてしまいます。

 

締め切りを守って、必要なモノを提出した部下は

「 急いで提出したのに、上司が手元でそれを止めてしまうなら、最初から慌てず、もっとゆっくり提出すればよかった。

無駄に急いで損をした。ただでさえ忙しいのに! 」

 

そう受け止めます。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

部下は、あなたの置かれている状況など 気にしません

部下はあなたの状況を気にしません

 

部下の立場にある人は

 

あなたが、あなたの視点、あなたの考えで、仕事をしているように

部下は部下で、自分の目の前の仕事で精一杯で、上司であるあなたへの配慮などしている余裕はありません。

 

部下達は、家族の絆がある訳でもない上司のあなたに、配慮したり、思いやりある目線であなたを見たりしません。ほとんどの人は、自分に甘く、他人に厳しいものです。

それが、部下から上司への目線となれば、尚更です。

 

 

仕事のできる上司は、絶対にSTOPさせない

できる上司は流れを止めない

 

上司であるあなたは、いかに忙しくても、部下から上がってきた案件や、相談、報告、提出物に関する仕事は、絶対にあなたの手元でストップしてはいけません

プレイヤーとして、自身の仕事で忙しいのは、分かります。

 

しかし、絶対にあなたの手元でストップしてはいけないのです

 

あなたの手元で、部下から上がってきた仕事をストップした段階で、部下からは、好感をもって受け入れられないと覚悟してください。

 

部下から上がってきた作業や、相談等は、絶対に自分の手元では “ 停滞 ” させない

口で言うと簡単ですが、なかなか難しく、無計画にやって、簡単にウマくいくモノではありません。

 

 

仕事のできる上司は、仕事の切り離しが上手い!

キッパリ切り離し

 

以前、インターネット番組:ボスサファリスタジオでもお話ししましたが( 【ラジオBSS~ボスサファリスタジオ~ Vol.2】仕事が忙しすぎて部下とのコミュニケーションがとれていないあなたへ 

プレイングマネージャーであっても、上司である以上、あなたは、プレイヤーとしてのあなた個人の仕事をする時間と、「 対部下の仕事 」をする時間を、明確に分ける必要があります。 

 

プレイヤーとしての時間と、マネージャーとしての仕事の時間を明確に分ける、これが何より重要です。

あくまで明確な分離、切り離しが重要です。

 

なんとなく、プレイヤーとしての仕事は、8割くらいかな・・・
で、部下のマネジメントは2割くらいだな・・・。

こんないい加減な決め方はダメです。間違いなく上手くいきません。

 

毎日の仕事がルーティンではなく、変化に富んだものであったとしても、“ 何時から何時まではマネジメント、何時から何時まではプレイヤー ” と、キッパリと明確に決めてしまってください。

 

 

両立を成立させるには “ 強引さ ” が必要

定着させるまでは強引でOK

 

仕事の内容が、移動や接客・営業 等で、ハッキリと時間を分離できない人でも

「 マネジメント何時間、プレイヤーとしての仕事を何時間 」

と、ハッキリ所要時間を決めて、スマホでタイマーを設定しましょう。その時間は、途切れ途切れでも構いません。

 

マネジメント・プレイヤーそれぞれ合計何時間ずつ、とハッキリ設定し、それを確実に守るようにしてください。

ウマく進めるポイントは、マネジメントに2時間と設定したら、区切りがついていようがいなかろうが、定めた2時間で、きっちり仕事を切り替えることです。

 

 

自分で決めたルールは、完全に定着するまでは、多少無理があっても、強引に、決めたとおりに “ やり切る ” ことが重要です。

それは、マネジメントの仕事でも、プレイヤーの仕事でも、どちらも同じです。

 

極端に区切ってこそ、両立を成し得るための一歩が踏み出せるのです。

もし、時間が足りず、間に合わなかった分は、翌日に回すなり、終了時間をハッキリ決めて、ダラダラせず、必要な分だけ残業する等して、確実に早い段階で遅れを取り戻しておいてください。

 

 

仕事のできない上司は “ 自分にあてはまらない ” が口癖

それいっちゃダメです

 

多くの上司の方はこの話を聞くと

「 そんなの無理だ。私の会社では、ウチの部署では、その方法は当てはまらない。」

と思われるかもしれません。

 

ですが、業種・職種・会社・部署を問わず、結果を出している上司は、確実にこの方法、もしくはこの方法に近い手法で成功しています。

もし、今、あなたが上司としての仕事をウマく進められていないなら、この手法を取り入れてみてください。

 

今、ウマくいっていないなら、そのやり方を続けても、何故か、いつの間にか、上手くいくようになった・・・なんてことは絶対に起こりません。

 

 

せっかくこの記事を読んでいただいているので、だまされたと思って、ぜひ「 プレイヤーとしての業務時間、マネジャーとしての業務時間 」をくっきり区別してみてください。驚くほど効果が出るはずです。

まずは1週間。最初は不慣れなので戸惑うことも多いと思いますが、ぜひ実践してください。

 

 

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
上司として成功する人は、考え方・習慣が違う
ダメな上司の “ 失敗マネジメント ” から学ぶ

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
「中間管理職のツラさ」を軽くする3つの方法 「◯◯ハラ」気にしすぎでは何も指示できない
日本企業が強いリーダーを育てられない理由 納得する人選と育成プロセスを確立せよ
「オラオラ系上司」の時代は、もう終わった 今、求められる新たなグローバルリーダー像
なぜ「やさしい」上司が職場や教育現場で増えたのか
良い上司になろうとするほど部下がますますダメになる理由

 

私が流れを止めてる??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です