トップダウンによる理想的リーダーシップ

うまくやればトップダウンが最速

 

トップダウンという言葉には 「 ワンマン 」、「 スタンドプレー 」 といった、強引であまり良くないイメージを持つ人もいますが、最低限のトップダウンは、正しいリーダーシップを発揮するために必要なことです。

 

 

最近の日本人リーダーは、トップダウンが苦手

ビジネスで生き残るためには、国内企業だけでなく、海外企業とのシェア争いにも勝たなければなりません。日本の商品が、グローバル市場で勝てなくなっている理由の一つに、“ 意思決定のスピードが遅い ” ことが、あげられます。

 

規模に関わらず、多くの日本企業では、 まず「 根回し 」 や 「 下打ち合せ 」 で、地道に外堀を埋める作業を行い、組織内に 「  ほぼOK 」 の雰囲気を作ってから、改めてリーダーが、指示を出す、という、世界レベルで考えると、スピード感に欠ける方法をとってきました。

海外企業なら、上司から部下に 「 この方法でいくから、こうして 」 の一言で済むことが、旧来の日本企業では、3倍4倍の時間がかかります。何度も集まって会議をし、その度に新しい資料を作って…、時間がかかり過ぎです。

 

 

“ 遠回しな ” リーダーシップが生んだ弊害

現場で働く多くの日本人は、非常に優秀で、意思決定の遅さを“ 効率 ”と“ 能力 ”でカバーしてきました。

しかし、インターネットの発達、グローバル化により、日本企業の優位性は、奪われはじめました。

 

グローバル展開する海外企業は、意思決定スピードを更に短縮し、“ 市場に商品を出すことを最優先 ”し、市場動向、顧客ニーズに合わせ、改善・改良を重ねます。

 

一方、旧来体質の日本の企業は、“ 検討 ”や、“ 人を巻き込む下準備 ”に多くの時間を割き、ゆるゆる物事を進めていたため、海外企業に圧倒的なシェアを奪われ、出遅れてしまったのです。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

着手のスピードを上げれば、仕事は劇的に速くなる

業務着手スピードを最速に!

 

旧来の体質から脱却できていない、多くの日本企業のリーダー達( 経営者に限らず、現場レベルの上司も含みます )の最重要ミッションは、意思決定を高速化し、現場の業務 “ 着手 ” スピードを速めることです。

 

優秀な日本のビジネスマンたちは、一度着手してしまえば仕事の速度は、世界最速レベルです。

しかし、古くからの慣習で業務に着手するまでに「 お伺い 」「 事前了承のための根回し 」「 コレを押し通したら、気を悪くする人がいるんじゃないかと、イチイチ気にする 」など諸々の弊害があり、時間が必要以上にかかっているのです。

これは、組織の大小、そこを率いるリーダーの年齢に関係なく、多くの日本企業で常態化する共通の弱点です。

 

 

ひと手間かけるだけで、理想的なトップダウンは可能

部下は、家来や召使ではありません。

 

特に、パワハラや、〇〇ハラスメント、説明責任・・・と、1億総パパラッチの感もする、繊細で他人の行動にイチイチうるさくなった日本社会では、「 理由なんて、何でもいいから、とにかく上の言うとおりに動け! 」 は、通用しません。

 

なぜ、このミッションが必要なのか、なぜ、この業務命令を発するのか?

 

簡潔に、部下が理解できる内容にして、経営者や上司が、自分の言葉で説明を加え、トップダウンのミッションを出せば、一見、説明している時間がもったいないように思えますが、 「 理由や背景が分かる説明で “ 納得 ” させる  」という1プロセス が加わると、優秀な日本のビジネスマンは、創意工夫を加え、レベルの高い仕事をしてくれるのでスピードは、格段に上がります。

 

組織の大小は、関係ありません。

「 理由や背景の分かる説明で “ 納得 ” させる 」

この1プロセスを挟み、あなたの組織のスピードとクオリティをUPさせ、ライバル組織から大きく抜け出してください。

 

応援しています。

rp_UP-1024x319.png

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
理想の上司の伝え方、その秘密を公開します
部下が確実に結果を出すようになる 究極のコミュニケーション

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
ジャパネット髙田明「私が新入社員だった頃」 バスから景色を眺めることも、勉強です
トランプ大統領が勢いづいている本当の理由 失点を一気に挽回する人事の勝利があった
リーダーシップは研修で身につくか?
あなたはサーバント・リーダーか、支配型リーダーか?
稲盛和夫直伝「私が部下を叱る基準、褒める基準」

 

うまくやればトップダウンが最速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です