社長の求心力は 伝えることで鍛えられる

社長は自ら直接伝えることが重要

 

社長に必要な求心力と、一般社員に必要な人気や求心力では、種類が違います。

 

 

社長の求心力って何よ?

人気や求心力と言っても「 社員のご機嫌取り 」をしたり「 生まれ持ってのカリスマ性 」が、どうのこうのの話じゃありません。

 

求心力を得るには、たくさんの要素が必要ですが、従業員300名くらいまでなら、経営者は、社員に対して “ 直接 ” 諸々の説明をしなければなりません

 

そんなタイミングが、しょっちゅうあると思ってください。

 

「 この件は状況が複雑だな 」「 誤解を招きそうだ 」「 この件は全員がちゃんと理解しないとまずいな・・・ 」少しでもそう感じるなら、
「 まぁ、だいたい察してくれるだろう・・・ 」「 分かってくれるだろうな・・・」「 普通は大丈夫だろ・・・」などと希望的な観測をしたり、面倒くさがったりせず、コマメに事情説明、状況説明をすることが重要です。

 

社長自ら社員に直接伝えることが重要です。

 

そのことが、多くの社員から共感を得て、求心力を得ることに繋がります。経営者自ら、適切な発信や、説明を繰り返すことで、社員は経営者を旗印に一丸となります

 

経営者に人気と求心力があれば、5人~300名程度までの組織なら、くだらない派閥なんてできません。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

業務連絡だからこそ社長自らやる

直接発信が事の重みを伝える

何かを変更・変化させる際の説明、新しい取り組みの開始、旧来の取り組みの廃止・停止などの重要な業務連絡や、その背景や事情の説明こそ、幹部や各部門・事業所の責任者に丸投げするんじゃなく、社長自ら丁寧に直接発信することは、非常に重要です。

 

経営者である社長自ら、直接伝えるからこそ「 事の重み 」が伝わるのです。

 

これを人任せにするから、「 社長の思いが現場の隅々まで行き届かず、組織がピリッとしなくなる 」のです。※明らかな事務連絡等は、その限りではありません。

 

 

間に何も “ 挟まない ” ことが重要

例え、喋るのがヘタクソでも経営者は、社員に直接伝える必要があります。メールやFAX、文書の配布や、掲示なんてダメです。

 

ましてや、幹部や役職者が社長に代って伝えるなんて、絶対ダメです。自分で伝えるんです。

 

経営者・社長は、社内で最も熱意と求心力があって然るべき存在です。求心力は、社員に繰り返し、直接、真摯なメッセージを送ることで得られます。

 

 

社長が誰より頑張れば、社員も自然と頑張るは、幻想

社長や上司が、誰より頑張っていれば、社員達も自然と頑張るようになる・・・よく言われますが、そんなものは幻想です。必死で頑張っている人の隣で、ボケッとしてロクに仕事もせず、愚痴ばかり口にする人間は、山ほどいます。

 

故に経営者・社長・上司は、自己演出・自己プロデュースをしっかり行い、人気と求心力を養う必要があります

 

この観点からも、社員1人1人に直接メッセージを送り続けることは重要なのです。

 

 

社長からの一斉メールなんて真剣に読まれない

経営者が、全社員に一斉メールを送信しても、半分以上の社員は、真剣に読まないでしょう。社員に一斉メールを送信して、しっかり読まれるのは「 既に人気と求心力 」が、できあがった社長や上司だけです。

 

どうしても、一斉メールで社員に伝達したいことがあるなら「 メールにリミット付きの返信義務を付ける 」ことです。

 

それでも返信してこない社員がいれば、その社員は、お客さんや社員間のやりとりも「 遅くてだらしないだろう 」と、見抜くこともできます。

 

 

よくある質問


Q1:「 経営者が直接 全社員に説明・発信しろ と言っても、ナカナカ全員揃わないし、アチコチに事業所があるから、ナカナカ顔を合わす機会が無い 」 

 

A1 無理やり時間を作ってでも、極力会いに行って伝えてください。

どうしても難しい場合はビデオメッセージを作って、メール送信し、視聴したら確認の返信をさせてください。

その際、質問も受け付け、質問があれば必ず真摯に回答して下さい。

 

 


Q2:「 全員が揃わないから、同じ説明を何度もしなければならない 」

 

 A2: あっちでこっちで、同じメッセージを何度も何度も繰り返し説明をするのが、経営者の宿命だと理解し、頑張って説明してください。

多くの社員との距離が、仕事を通じて縮まり、あなたの一生懸命さも伝わり、強い求心力を得られます。

 

 


Q3:「 内容によって直接関係の無い人もいるから全員に伝えても仕方がない 」

 

 A3よっぽどの専門的な内容や、機密に関すること以外は、多少関係なくても全スタッフに直接メッセ―ジを伝える必要があります

ちなみに僕は、雇用形態に関係なくアルバイトさんにも直接メッセージを届け続けたので、結果社員を凌ぐスーパーバイトさんを何人も輩出しました。

 

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
社長が人気と求心力を一瞬でUPする方法
あなたは、カリスマ性を身に付けることで、求心力あるリーダーとなる

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
「オラオラ系上司」の時代は、もう終わった 今、求められる新たなグローバルリーダー像
だから孫正義はインド人COOを後継指名した 前参謀がトップ人事の真相を読む
企業価値の高い会社にオーナー社長が多いワケ 経営判断のスピードが勝敗を分ける
星野リゾート、大阪新今宮ホテル進出の真意 再開発を機に「危ないエリア」も変わっていく
ベネッセ流出事件、原田社長の経営改革に追い風?高まる求心力、躊躇なく組織に大なた

 

社長は自ら直接伝えることが重要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です