就活!面接で落ちる理由が分からないなら、自分基準を捨てろ

就活の面接は自分基準を捨てると合格しやすい

 

面接試験で落ちまくる人がよく言うセリフに

 

1.「 質問には、ちゃんと答えられたのに・・・。」

2.「 ちゃんと話せたんだけどな・・・。」

3.「 何で落ちたのか、分からん・・・。」

 

この3つがあります。

 

用意していたことは、話せたけど、何が悪かったか分からない・・・、自分は話せたのに・・・、何故ダメだったか分からない・・・という意味です。

 

 

基準を “ 面接する会社側 ” にしてみるといい

自分が、話せたかどうか、自分が、言いたいことを言えたかどうか、用意してあった事が話せたかどうか、自分が、淀みなく話せたか・・・全て“ 自分 ” が、基準です。

 

“ 自分 ” 基準を、選考する会社側に変換してみて下さい。

 

感覚が変わります。

既に終わった面接を振り返ったり、これから受ける面接を想定して、次のA・Bを読んでみて下さい。きっと参考になるハズです。

 

 

A:「 会社側が、あなたを魅力的に感じたかどうか?」

もし、あなたが面接官だったら、面接で会ったあなたに“ お給料を払って ”雇いたいと思うだろうか? そう考えてみて下さい。

この時、

  1. 何故雇いたいと思ったのだろうか?
  2. 何故雇いたいと思わなかったのか?

 

を、じっくり考えてみて下さい。

 

 

B:「 あなたが面接官だったら、あなたのドコに魅力を感じるか?」

あなたが面接官だと想定して、面接に来たあなたは、魅力的に映りましたか? 

  1. ドコが魅力的だったんですか?
  2. ソレは、何故ですか?

 

じっくり考えてみて下さい。

考える若者

 

面接官の自分が、面接に来た自分に魅力を感じなければ、当然現実の面接官もあなたに魅力を感じません。

面接では、そつなくこなすのではなく、あなたの魅力的な部分を大きく引き出して、それを会社側が求めていることに重ねてアピールしてみましょう

 

 

面接は、あなたの記憶の発表会じゃない

面接は、「 あなたの言いたいことの発表 」や「 あなたが覚えてきたことの発表の場 」ではありません。

 

「 あなたが、あなたの魅力を企業にプレゼンテーションする場 」です。

 

面接試験を「 面接する側の会社や、面接官の立場で想定 」 して、合格を勝ち取ってください。

応援しています!

rp_UP-1024x319.png

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
就活面接、受かる1割の学生の共通点とは?バイト、サークルの話はNG、無意味なES
就活生たちの危険な勘違い!脱「学歴」採用、こんなに進行していた!なぜ大企業でも?
採用担当者が「他社への就職」を支援?
業界対策・金融編:大量採用ゆえのポイントは?
就活生はネットニュースより新聞を読むべき理由

 

就活の面接は自分基準を捨てると合格しやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です