動かない部下、やる気のない部下、使えない部下を、使いこなすために 効果絶大な下準備

困った部下いませんか?

 

動かない部下、やる気のない部下、使えない部下、言うことを聞かない部下、仕事にナカナカ集中しない面倒な部下、あなたの下にそんな困った部下やスタッフは、いませんか?

  • 限られた人数で、成果をあげなければならない
  • 必ずしも優秀な人物だけを部下として選べるわけではない
  • 使いにくくても、使いこなさなければならない
  • 「 やる気のない奴は放置しておこう!」そう、割り切るほどの余裕はない

 

ほとんどの上司の方は、やる気がなく動かない、使えない部下の1人や2人を抱え、ナカナカ厳しい環境で仕事をしています。

 

 

あなたは、どのタイプの上司ですか?

何度言っても動かない部下、どう働きかけても全然やる気を出さない部下、何をしてもズレたり、間違ったことをする使えない部下、プライドばかり高く全然言うことを聞かない部下、成果を出すために働いているという大前提すら分かっていない・・・

そんな困った部下達に、あなたは、どう対応していますか?

あなたはどのタイプ?

 

  • さっさと動け! ちゃんと仕事しないか! と、厳しく叱責のひとつもしてやろうかと思いながら・・・できない。 
    <b若干 不機嫌な表情を顔に出すくらいで、特に何も言えず、ストレスをためてしまう。

 

  •  あまりにヒドイと、頭にきて叱責するが、怒ったり厳しく注意することに慣れていないため、変な感じになる。
    「 叱る → 気付かせる → フォロー → 繰り返す → 信頼関係構築 」の流れは、まだとれない。

 

  •  度々厳しく注意するが、部下達にナカナカ改善が見られない。
    部下が悪いから叱っているのに、怒りっぽい上司として、部下達から嫌われているように感じる。

 

困った部下達が、いつまでも成長せず、チームや組織に居ついてしまうほとんどの上司は、大きくこの3タイプに分かれます。他にも色々なタイプがあるでしょうが、圧倒的多数は、この3タイプです。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

使えない部下を、使いこなすには、“ 下準備 ” が 必要です

困った部下を持つ上司の典型的パターンを3つ紹介しましたが、あなたがどのタイプであっても、共通して言えることは

どんな部下も下準備なしに、イキナリ使いこなすことは不可能

です。

 

さらに言うと

部下を思い通りに使いこなすためには、下準備が必要

です。

 

部下を思い通りに使いこなすための下準備として、もっとも有効な方法は

簡単なことを “ 継続して ” 確実に実行させる です。

 

単純な積み重ねが大切

 

 

使えない部下を 使いこなす有効な下準備は、コチラ!

様々なパターンの困った部下達を使いこなすために最も有効な下準備は、簡単なことを “ 継続して ” 確実にさせる です。

 

有効な下準備の事例を紹介します

 

good morning

これなら、誰だってできます。

会社の事を知らない小学生にも、継続しての実行が可能です。

 

 

何故 部下を動かすために “ 簡単なこと ” をさせるのか?

理由は簡単です。

人は、誰かの指示や命令、発案に従って行動した場合

 

「 明らかにプラス効果が感じられる経験 」

 

をすると、指示や命令、発案した人物に対して信頼を置きます。

信頼を置いた相手からの指示・命令・発信には、逆らい難くなるものです。

 

ヒーローのような活躍をして喝采を浴びることが、信頼を得る手段だと思っている人は、もっともっと小さな成功に導くだけで、人からの信頼を得ることができると気付いてください。

 

 

“ 簡単なこと ” をさせる “ 3つのポイント ”

簡単なことをさせる3つのポイント

簡単なことをさせるだけでは、効果は望めません。

上司として部下を自在に動かし、成功を勝ち取るためには、「 重要なポイント 」があります。

 

簡単なことをさせる重要ポイント

 

 

部下に “ 簡単なこと ” を徹底させると  気づくこと

気付く

部下に簡単なことをさせる “ 3つのポイント ” をキチンとこなすことで、あなたは、上司として大きく成長します。それは、次の理由からです。

 

簡単な約束を部下に守らせるだけでも、どれだけの手間や、上司としての “ 徹底 ” が必要かを実感できる。                                                                                

 そのため、通常業務においても、指示や発信が、どれだけ “ いい加減じゃダメか ” ・ “ 下準備をしたうえでの丁寧な指示や発信の重要性 ” を上司として理解でき、いい加減な発信や、適当な指示をしなくなります。

 その結果、困った部下達も少しずつ “ 使える部下 ” “ 優秀な部下 ” へと成長します。

 

これは、上司として、とても大きな成長です。

 

 

Boss Safariトレーニング 〈 第12回 〉

Let's train!

 

今回のBoss Safariトレーニングは

1.あなたのチームや部署で、誰でもできる簡単なルールを作る

2.そのルールが、なぜ必要なのか、小学生でも理解できるように部下に説明する

3.ルールは、誰でもできる簡単なものとし、やらない理由は、サボリ以外にない状態にする

4.決めた簡単なルールは、あなた1人になっても、絶対に続ける

5.ルールを守らない部下には、叱責でなく、「 こないだ説明した〇〇だけど、理由は、〇〇だから、やってくれないかなぁ 」と、根気よく諭す。

 

1カ月もすれば、あなたの決めたルールは、部下やスタッフに浸透します。

この経験を経て、あなたは「 何かを部下に徹底させるためには、どれほどの手間と工夫と、率先垂範が必要か 」を学び、以後、部下やスタッフを動かす能力が、飛躍的に向上するでしょう。

 

 

Boss Safariは、多くの上司が見過ごしがちな「 小さくて大切なこと 」を、たくさんお伝えします。

部下へのコミュニケーションに、一定以上の手間、時間をかけ、きちんと効果を予測した計画性を伴わせれば、必ず、動かない部下、使えない部下、言うことを聞かない困った部下達も、いつか、必ずあなたの理想とする働きをしてくれるようになります。

ぜひ、部下を動かす技術を身に付け、できれば部下に好かれる上司、そして、確実に仕事で結果を出せる上司になってください。

 

 

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
ミスが多い部下を、使いこなす方法
人を使う能力を高めて 使えない部下も良い部下にしてしまおう!

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
“90歳の人材コンサルタント”が語る、人を育成できる上司、育成できない上司の違い
言い訳ばかり、言ったことをすぐにやらない……部下にイライラした時に言うべきセリフ
やる気がないダメ部下に、必ずやる気を出させる簡単な方法
部下を自然に動かす「調停ノート」【エース社員の習慣&活用法】三井住友銀行
甘えていた自分をガラリと変えた女性技術者のひと言 -ALSOK・横田淳子さん

 

困った部下いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です