営業成果が出ない人は、分かり易い言葉を使え!

営業マンが見落としがちな真実

 

あなたは営業先でお客さんから「 賢い 」と思われるように話そうとしていませんか?

 

営業の目的は、相手に「賢い」と思われることではありません。

営業マンが見落としがちな真実についてお話します。

 

 

あなたには、常識でも、お客さんには未知の世界

あなたの仕事や、職場における常識は、どんな小さなことであっても お客さんにとっては、全て目新しくて、馴染みのないことです。

 

お客さんは、聞いたこともない専門用語や、業界用語を使って話す営業マンからモノを買いません。何言ってるかよく分からないからです 。

 「 ふんふん・・・。 」うなづきながら話を聴いてくれるのは、相手も大人だから。だいたいの大人は、少しくらい意味の分からない言葉が出てきてもイチイチ話をとめて質問なんてしません。

 

話の流れを止めずに
「 ふんふん・・・。 」

うなづきながら
「 早く終わらないかな・・・。」

そう思っています。 

 まだ終わらない

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

お客さんが理解できないかもしれない言葉は、使わない!

営業では、お客さんが意味を理解できないだろうワードを1つも入れない事が大切です。意味の分からないワードが出てくると、お客さんは面倒くさくなって、話を理解しようとするのをSTOPします。

 

 例えば サーチエンジンや、アップロードといった言葉も、ネットを日常的に使う人なら意味の分かる言葉ですが、パソコンをあまり開かない人からすれば、「 聞いたことはあるけど、何なのそれ? 」 なワードです。

 

コレをできるだけ短い言葉で、パソコンになじみの無い方でもサッと理解できるように話すことが、お客さんと目線を合わせることです。

 

お客さんと目線を合わせて、お客さんの表情や態度の小さな変化も見落とさないよう冷静に観察しながら、お客さんの興味や集中力に配慮して会話を進めることが、結果を出す営業マンの最低条件です。

  

 

営業では、お客に「 賢い 」と、思われても無意味

営業の目的は、相手に「 賢く見られる 」ことではありません。お客さんには、無愛想で高圧的な人も多いので、舐められないように自分を賢く、大きく見せようとする人がいます。でも、それは間違いです。

 

営業マンはお客さんから

「 説明の分かり易い人だ 」
「 短くまとまっていて聴きやすい話をする人だ 」

そう思われることこそが重要です。 それがお客さんからの信頼に繋がります。

 

加えて「 にこやかで腰が低くていい感じの人 」だな・・・そう思われれば最高です。

 

  

営業マンの目的を見失わないように!

握手して喜ぶビジネスマン

 

営業マンの目的は、お客さんに企画や商品を買ってもらうことや、申し込んでもらうことです。 

 

繰り返しますが、お客さんから賢いと思われる必要なんてありません。別にアホだと思われても構いません。むしろ、お客さんの自尊心を満足させるために、多少アホだと思われていた方がいいかもしれません。

 

でも、あなたの提案する企画や商品、該当ジャンルの業界に関しては「 こいつはナカナカ詳しいな 」そう思われておく必要があります。誰でも、素人からモノを買うより、“ その道に詳しいプロ ” から買いたいと思うのは、当然ですよね。

 

 

いかがでしたか?
お客さん目線で、お客さんが理解できないこと、知らない言葉は、一切使わず、お客さんが100%理解できる、言葉や表現でコミュニケーションを取り続ければ、お客さんは、あなたから、商品を買ったり、企画に申し込んだりするようになるでしょう。ぜひ試してみて下さい。

rp_UP-1024x319.png

 

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
“話好き”営業マンは、要注意!

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
残業しない「トップ営業マン」が実践する“3つのサイクル”
残業せずに「定時で帰るトップ営業マン」の仕事術
掃除でみるみる業績アップ! 今すぐ始める職場の環境整備
嫌われる仕事「営業」を人気にする2つの視点 慢性的な長時間労働は変える余地がある
交渉ベタな人は相手の話をちゃんと聞けない まずはすべてを受け入れてから対応を考えよ

 

営業マンが見落としがちな真実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です