会社を辞めてハッキリ分かった 働く意味と働く目的

会社を辞めて気付く

 

サラリーマンの本来の目的は、

「 お客さんのために 」
「 世の中をよくする 」
「 社会に貢献する 」

等 諸々ありますが、1番は働く本人が生きるために稼ぐことです

 

システム化された会社という組織の中で、人間関係 ・ やりがい ・ 自己の成長 ・ コンプライアンス 等、さまざまな要素が混ざり合い絡み合い、サラリーマンは、「 生きるために稼ぐ 」 「 金を稼ぐために頑張る 」ことが、原点であり大前提だと、忘れがちです。

 

 

「稼ぐために働いてる!」堂々と言いにくいのは、異常なこと

日本では「 オレは稼ぐために働いているんだ!」 と言わないほうが良いような風潮があります。

コレは、日本人の平均的豊かさと、日本の安全レベルがここ数十年で大きく上がったが故だと言えます。ハングリーに欲のために頑張ったり、欲望をOPENにすることは、なんとなく卑( いや )しいとされている気がします。

 

でも、原点はやっぱり「 稼ぐ 」「 生きる 」ためです。

 

口に出さないまでも、それを忘れてはダメです。そうしないと、しないでもいい我慢を続けたり、余計なことに大切な人生の時間を使ってしまったり、判断基準が狂います。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

会社を辞めて気付くこと

会社を辞めて2、3日経つと「 生きていくために稼がないと・・・。」と、自然に思います。仕事って稼ぐためにやってるんだ、と改めて気付かされます。そして、稼ぎに繋がらないことは、しなくなります。

 

独立した人は、稼がないと来月、来年は、今と同じ生活を送れなくなります。お金が入ってこないからです。

 

サラリーマンの中には、会社でダラダラノロノロ仕事をして、大した成果も出してないのに、罪悪感も危機感も感じず、毎月決まった日にひとつの感謝もせず、当たり前の顔をして給料をもらっている人もいますが、独立するとそんなのは、成立しません。

 

 

独立後の生活を “ 狩り ” に例えるなら

Business-survival

 

会社組織を出て独立すると、誰かの傘に入って、安全を確保するのではなく、自分で危機を察知して回避したり、獲物があれば狙ったり、獲物に備えて罠を張ったり、武器を研いでおいたり・・・

 

いつも危機と隣り合わせですが、日常的に分泌されるアドレナリンが増えたのか?と思うくらいイキイキと暮らせます。

 

独立して、そんなことを考えながら、日々過ごしていて、「 僕は、こういうの向いてるな・・・。」と最近改めて思っています。もし、独立を考えている方がいたら、ぜひ参考にしてください。

rp_UP-1024x319.png

 

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

無料メール相談はこちらから

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
グローバル社会で活躍するのは、個性豊かな人材
中年男性の7割が「人生つまらない」…「普通の人生」に潰され、家族のためにひたすら働く
ブラック企業は今すぐ辞めないと、人生でこんなに大損失を!?
残り時間の長さと目標探しに戸惑ってやる気がない  50代型落ちベテラン社員をどう戦力化させるか
『貢献力』が、働き方と経営の新たなモノサシになる。 今こそ、自分のための成果主義から、誰かのための貢献主義へ。

 

会社を辞めて気付く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です