求心力のあるリーダーのカリスマ性を身につける

リーダーは人気と求心力で感情を揺さぶれ!

あなたが、部下から
「 あなたが言うから、一生懸命やる 」
「 あなたがそうするのだから、私も頑張る 」
そう思われる上司になれば、上司としての成功は、ほぼ確実です。

カリスマ性や、人を動かす力をバカにしてはいけません。

人は、理屈じゃ動きません。
感情を刺激されてはじめて本気で動くんです。

人気と求心力、カリスマ性の身に付け方を学んでください。

 

人気と求心力

❏ 嫌われない人はやっぱり強い
望む物を、あらかた手に入れるまで、人は嫌われない方がいいです。ビジネスでは、お客さん、取引先、上司・部下・同僚 様々な人に「あなたの思うように動いてもらう」必要があります。そのためにはあなたは周りの人から好かれていなくてはいけません。

❏ 人気と求心力のある人が成功できる
会社や学校で、就活中の学生、サラリーマン、経営者・・・ さまざまな立場の人が、思い通りの人生を過ごすために必要な力。それは「人気と求心力」です。人気と求心力を手に入れたら、素晴らしい未来がまっています。ぜひ、意識してみてください。

❏ 求心力のある人は “のんきでほんわか”
僕は、人気と求心力があれば人生は必ず好転するし、ビジネスだってプライベートだってウマくいくと、信じています。そして実体験もしています。その、求心力や人気を高める第一歩は、「 人の記憶に残ること 」「 覚えてもらうこと 」だと思います。

❏ 社長が人気と求心力を一瞬でUPする方法
社長やエリアの統括者は、成果や結果、結末を重視するあまり、最前線で働く現場スタッフの日常的な思考や、心情の変化に対して鈍感になりがちです。社員、スタッフからの人気と求心力を得たいなら、ちょっとした思いやりや、真心を形に残すこと が重要です。

❏ “誰からの人気” が欲しいの!?求心力のある人を目指す
世の中の全ての人から愛されることは無理です。あなたは、誰から人気や信頼を得たいのですか?人気と求心力を得たいなら、まず誰からの人気を得たいのか、ターゲットを明確にし、その人たちから人気と求心力を得るための、具体的行動を起こす必要があります。

❏ 求心力や人気には種類がある
部下やスタッフを上手に使えない上司の原因は、人気と求心力の不足です。今回は、人気と求心力を手に入れるため、少し掘り下げて考えてみましょう。人気と求心力には種類があります。あなたが得たい人気と求心力は、どんなものかを考えてみてください。

❏ 社長の求心力は 伝えることで鍛えられる
経営者は、社員に対して 「直接 」 諸々の説明をしなければなりません。そのことが、多くの社員から共感を得て、求心力を得ることに繋がります。経営者自ら、適切な発信や、説明を繰り返すことで、社員は経営者を旗印に一丸となります。

❏ 自己主張が苦手な人も、たまに自己主張すると“ いいこと ”がある
日ごろ大人しい人が、たまに自己主張すると、それだけで存在感を得られます。それどころか、日頃大人しい分、ギャップが生じ、人気と求心力を得ることにも繋がります。物事や、人を思い通りに動かすためには、ある程度の人気と求心力が必要です。

 

理想的なリーダー・上司のカリスマ性

❏ トップダウンによる理想的リーダーシップ
正しいリーダーシップのあり方の1つとして、上司として機能するために必要最低限のトップダウンについて説明します。 経営者や上司であるあなたがリーダーシップを発揮するためには「トップダウンがキチンと機能する組織作り 」が必要です。

❏ あなたは、カリスマ性を身に付けることで、求心力あるリーダーとなる
上司にとって、“部下からの人気”と“求心力”は、仕事を進めるうえで重要な2大ポイントです。「人気と求心力」は、何か事が起きてから急に発揮できるものではありません。上司は、日頃から部下からの人気や、求心力を高めておく必要があります。

❏ 部下に嫌われる上司は 仕事への情熱が無い と思われている
部下に嫌われる上司は、仕事への情熱がないと思われています。上司として成功する人の共通点は、部下の感情を上手に刺激することです。あなたが仕事に対する情熱を部下に真面目に熱く語ることで、部下だけでなく上司であるあなたにも良い影響があります。

❏ 部下に好かれる上司になろうとして、部下に嫌われる原因と解決方法
部下に好かれる上司になろうとするあまり、部下の顔色を伺いすぎて、本来上司が果たすべき責任を果たせず、ダメ上司になり、部下にも嫌われてしまう・・・。よくある上司の失敗パターンです。今回のボスサファリでは、そうならない“超具体的”な、対策を紹介しています。自信の無い上司、ビギナー上司、必見です!

❏ 新入社員研修の目的は “ 常識をチェンジさせること ” ※スピーチ原稿付き
新入社員を迎える上司の方、新入社員研修の目的は、細かい作業の進め方を教えるよりも「学生時代の常識を社会の常識にチェンジさせる」ことです。新入社員を甘やかすのではなく、彼ら、彼女らの状況を理解して、同じ目線に合わせて話をすることが大切です。

❏ 上司必見! 困った新入社員の育て方 “ ある人 ” を巻き込む
新入社員の教育、特に困った新入社員の育て方で悩む上司や経営者は、たくさんいます。悩んでる間に、ドンドン時間が経ち、理想的と言うより、いつも“それなりに”しか人が育たない。そんな新入社員教育を解決する「上司必見!困った新入社員の育て方“ある人”を巻き込む」をお届けします。

❏ 新入社員の辞める時期! 危険信号を察知し上司として的確に対処する方法
新入社員から、やる気が出ない、モチベーションが上がらない、この仕事向いてないんじゃないか、頑張ろうという気になれない……、こんな発言を聞いたことは、ありませんか?これは新入社員からの危険信号です。ソロソロ新入社員が辞めはじめる時期、具体的対策をお伝えします。