上司と部下の理想的な関係 ~最初だけは、反発の痛みを覚悟して!~

上司と部下の理想的な関係

 

部下をもつ上司が抱える、悩みに

「 部下が言うことをきいてくれない 」
「 部下に反発されたらどうしよう 」と不安になる

 この2つが、あります。

 

入社して数年経ち、初めて直属の部下を持たされたビギナー上司は、特に心配になるハズです。

 

 

上司と部下の関係に悩んだ経験から 学び、得たこと

 僕は、15年以上のビジネスマン経験で、部下がいなかったのは、最初の2年だけ。あとは、ずっと部下やスタッフを抱えるマネージャーでした。

 入社数年後、ようやく1つの事業所の体制を整え、軌道に乗せた頃、新しく2つめの事業所を任されました。その時、新しい事業所の部下から強い反発・抵抗があり、毎日大変な思いをしたのを覚えています。

その時、改めて理解したことがあります。

 

信頼関係もない、そもそもよく知らない新任の上司の言うことを、ハイハイ素直にきく部下なんて、ナカナカいない、ということです。

 

 

お知らせ//悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナーをご活用ください
メール相談

上司といっても、あなたの上には上司、下には部下、下の面倒を見るだけじゃなく、自分自身の仕事、ノルマ、目標に追われ、苦労している。 正直、部下の面倒を見るどころじゃない!そんな悩める上司、上司になったばかりのビギナー上司の方の質問、相談にお答えします。 回答は翌営業日(月~金曜)に必ず返信致します。お気軽にご相談ください。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。
悩める上司&ビギナー上司のメール相談コーナー
メール相談
悩める上司、ビギナー上司の1人1人異なる状況での悩み、相談にお答えします。

メール相談はコチラ


以上、お知らせでした。

上司は、自分が信じた方法を貫くべき

 

部下の顔色を伺って、言いたいことを飲み込んでは、いけない

 上司だって人間です。できれば、部下と信頼関係を築き、親しい間柄で、協力しながら仕事をしたいものです。

ですが、着任したばかりの新人上司は、まず、結果を出す必要があります。それは、ドラマなどによくある自分の出世のため・・・では、ありません。上司として最低限の責任を果たすためです。

 

上司は、部下から「 この上司の指導や、采配で仕事をしたら、結果が出た 」「 新しい上司の言うことを聞いたら、良い方向に変わったな・・・。 」と理屈ではなく、体感させて、認められる必要があります。

 

例えば、部下の反発に負けて、自分の意見を曲げたとします。

その結果、会社にとって最悪の結果を招いても、部下はその責任を取れないうえに、結果として部下も巻き込んだ形で、上司であるあなたも不幸になります。

 

部下からのプレッシャーに 負けてはいけない

上司であるあなたの采配、方針、導きで仕事をした結果、よい成果が上がったり、社内が良い方向に改善されたり、小さくともそういう事例が、幾つか積み重なってくると、反発していた部下も、自分の働く環境が良くなり、自分の出す成果が上がるので、徐々に上司であるあなたを認め、従うようになります。

 

上司・リーダーは、部下からの反発や抵抗に、ひるんだり、負けていては、いけないのです。

 

新任、着任早々の頃の上司は、本来、味方であるはずの部下との間に、信頼関係もなく、まるで部下から試されているような気持ちになり、陰日向で反発・反抗され、つらいものです。ですが、その経験が、あなたを上司として大きく成長させます。

 

数週間から、数ヶ月、家に帰って、一人で泣きながら(笑)、頑張りましょう!
きっと結果が出るはずですよ。 一緒に頑張りましょう!応援しています。

rp_UP-1024x319.png

 

著作権表示1.23jpeg

 

 

無料メール相談はこちらから

参考ページ
上司として成功する人は、考え方・習慣が違う
部下を叱ることを避けて通れないタイミングがあります

 

 

 

<参考>当サイトに関連する内容の他サイト
上司は「自分は未熟でも部下には厳しくせよ!」
上司のやさしさの本質は「無関心」
上司部下の関係改善! 上手に怒る練習
上司を無視する部下の恐るべき本心
部下を大きくする「目標設定」と「動機づけ」

 

上司と部下の理想的な関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です